北村直樹さん(提供写真)

上野景三さん(提供写真)

十時やよいさん(提供写真)

 佐賀子ども劇場が創立50周年を記念したシンポジウムを、6月12日午前10時半から佐賀市天神のアバンセホールで開く。「文化は人間をつくる」をテーマに、子どもたちの現状、子どもを育む社会や家庭の文化を考える。

 西九州大子ども学部の上野景三学部長がコーディネーターを務める。わらべうたで教育に関わる十時やよいさん、人形劇で活躍する北村直樹さんが登壇する。道化師Changで高い評価を得る兵藤禎晃さん、遊びで子どもの表現を育てるさとうりつこさんも参加する。

 午後は各パネラーと語り、交わされた意見を全体で共有する。柿本由美子事務局長は「文化は各家庭にあり、毎日の暮らしでつくられる身近なもの。シンポで気持ちが動き、行動が変わればうれしい」と話す。

 参加費は1200円、託児は子ども1人600円(申し込みは6月1日に1次締め切り)。オンラインは午前中のみで参加費は同額。問い合わせは佐賀こども劇場、電話0952(97)5930。(花木芙美)

 

▷参加の申し込みはこちら