シンガー・ソングライターの小椋佳さん(提供写真)

 シンガー・ソングライターの小椋佳さん(78)が6月5日の17時から、佐賀市文化会館大ホールでコンサートを開く。今回のツアーでの引退を表明している小椋さんが、“最後の歌声”を響かせる。

 小椋さんは1944年、東京都生まれ。67年に東京大学法学部を卒業し、93年まで日本勧業銀行(現みずほ銀行)に勤めながら音楽活動をしていた異色の経歴を持つ。ミュージシャンとしては71年にデビューし、「シクラメンのかほり」(布施明)や「愛燦燦」(美空ひばり)、「夢芝居」(梅沢富美男)など2000曲以上の楽曲を300人超のアーティストに提供してきた。

 昨年1月には7年ぶりのオリジナルアルバム「もういいかい」(13曲入り、3300円)をリリースしている。同年に歌手活動からの引退を発表し、本ツアー「余生、もういいかい」は小椋さん最後の全国コンサートツアーと位置づけられている。

 チケットは全席自由で8000円。問い合わせは佐賀市文化会館、電話0952(32)3000。(花木芙美)