鳥栖-川崎 後半、鳥栖MF堀米勇輝(手前右)がヘディングでゴールを狙うもわずかに外れる=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 首位の川崎をホームに迎えた試合は、終始緊迫した展開。お互いチャンスをつくったが得点は生まれず、スコアレスドローで勝ち点1を分け合った。

 前半から攻守がめまぐるしく変わった。鳥栖は長短のパスを使い分けながら攻め上がった。開始早々に左サイドを駆け上がったFW岩崎のシュートはクロスバーに阻まれた。中盤にも、FW小野や岩崎、DFジエゴが積極的にゴールを狙うが枠を捉えきれず、0―0で折り返した。

 後半に入って細かいパス回しでサイドから好機をうかがう鳥栖は、MF堀米が立て続けにシュートを放つなどゴールに迫った。37分、相手選手がレットカードで退場。数的優位となり果敢にゴールを狙ったが、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。