「うめめ」(C)梅佳代/リトルモア

 遊ぶ男子児童、犬や猫、何かを撮影している女性。どこにでもある日常だが、身の回りにあるものほど一瞬で過ぎ去り、見逃してしまうもの。それを著者は見事にカメラに収めていった。撮れそうで撮れない、シュールで面白い光景。


 この本のページをめくるたびに気付かせてくれる。「日常は思っている以上に面白いのかもしれない」と。(リトルモア/1980円)

(池田知恵)