大学生と高校生の就職率

 今春に大学を卒業し、就職を希望した人の4月1日時点の就職率は95・8%で、前年同時期より0・2ポイント減だったことが20日、厚生労働省と文部科学省の調査で分かった。過去最高だった2020年の同時期からは2・2ポイント減で、新型コロナウイルス禍前の高い水準に戻っていないが、厚労省の担当者は人手不足などを背景に「全体として求人は堅調」としている。

 ただ、業種によってはコロナ禍の影響で採用抑制が続いているとして、両省は大学やハローワークと連携しきめ細かな就職支援を続ける。

 今年3月末の高校生の就職率は前年と同じ97・9%だった。

 大学生の調査は、国公私立大計62校を抽出し実施。文系が0・6ポイント減の95・4%、理系は1・5ポイント増の97・4%だった。地域別では中部の97・0%(1・3ポイント減)と関東の96・7%(0・9ポイント増)が上位で、中国・四国の92・2%(2・3ポイント減)が最も低く、北海道・東北の93・4%(3・6ポイント減)が続いた。

 短大生は前年同期比1・5ポイント増の97・8%、専門学校生も3・5ポイント増の94・7%だった。厚労省によると、観光や航空業界を志望していた学生が、異なる業種で就職活動を進めたことが上昇につながったという。

 高校生は、卒業生99万6372人のうち14万7739人が就職を希望し、14万4650人が就職した。就職希望率は前年同期比1・0ポイント減だった。文科省は「高等教育の修学支援制度が20年春に始まったことで、進学を選ぶ生徒が増えたのではないか」とした。

 高校の都道府県別トップは福井と山口の99・8%で、富山と石川の99・7%が続いた。一方、低かったのは沖縄92・7%、神奈川94・0%、千葉94・6%などだった。佐賀は99・4%で、九州・沖縄では最も高かった。【共同】