青春サプリ。

部活で活躍する“英雄”の実話

 青春…人生の春にたとえられる若(わか)い時代。
 サプリ(サプリメント)…補(おぎな)うもの。特に栄養補助(ほじょ)食品をいう。(『日本国語大辞典』より)
 運動部、文化部にかかわらず、全国の部活で活躍(かつやく)する“英雄(えいゆう)たち”にスポットが当てられたこの本。英雄とは言っても、輝(かがや)かしい記録を残した特別な人というわけではありません。そう、みんなが主人公で英雄。もちろん、今これを読んでくださっているあなたもね。
 ストーリーはすべて実話で、悩(なや)み、立ち向かう姿(すがた)には、現役(げんえき)中高生のみなさんは共感して一緒(いっしょ)につらく感じることがあるかもしれません。そして、乗(の)り越(こ)える姿には勇気をもらい、読後は爽快(そうかい)な気分になることでしょう。
 チアリーダー部、バレー部、バスケットボール部など、1冊(さつ)に五つのショートストーリーが入っていて、現在(げんざい)7冊が発行されています。気軽に興味(きょうみ)あるストーリーから読むことができるのも魅力(みりょく)のひとつです。
 心の栄養に「青春サプリ。」を。(司書ネットワーク課 林田理恵)

 

【ほかにもこんな本をおすすめ!】
▽キャプテン
 ちば あきお/原作
 山田 明/小説(学研プラス)
▽そらのことばが降ってくる
 高柳 克弘/作(ポプラ社)
▽あこがれのアスリートになるための50の挑戦
 ピエルドメニコ・バッカラリオ、マッシモ・プロスペリ/著
 アントンジョナータ・フェッラーリ/絵
 有北 雅彦/訳(太郎次郎社エディタス)

 

 【図書館へ行こう】
 紹介している県立図書館の本は、皆さんが住んでいる市や町の図書館からも借りることができます。本の世界に触れてみてください。問い合わせは県立図書館、電話0952(24)2900。