試合後のセレモニーで、サポーターの声援に応える鳥栖MF鎌田大地選手=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 アイントラハト・フランクフルトの42季ぶりの欧州リーグ優勝に大きく貢献したMF鎌田大地。欧州挑戦直前までJ1サガン鳥栖に所属していた鎌田の躍動ぶりに、鳥栖サポーターも「ほっとした」「素直にうれしい」と歓喜の声を上げた。

 「やっと(結果を)つかんだという感じ。ほっとして、じーんとした」。試合観戦などでベルギーやドイツにも足を運ぶ藤瀬智子さん(37)=江北町=は、2015年の沖縄キャンプで初めてプレーを見たときから「ワクワクする選手」と応援を続けてきた。

 この日は早朝にもかかわらずテレビで試合を観戦し「彼の活躍がチームの力になって優勝につながった」と目を細め、「鎌田選手以上に応援する選手は現れない」と言い切った。

 鎌田は鳥栖在籍時からプレーや言動でサポーターを魅了した。「もしかしたら『ビッグ』になるかもと思っていた」と合原嘉伸さん(29)=佐賀市。「鳥栖から世界に羽ばたいた選手。成長はうれしい限り」と声を弾ませた。

 写真を撮ることが好きな合原さんは鎌田のプロ初ゴールもカメラに収めた。写真に直筆のサインをもらった時は緊張して手が震えたことを覚えている。「自分が撮った写真にサインをもらうことはそうないこと。家宝にしたい」と話した。(小部亮介)