レンジャーズ戦の前半、ヘディングするEフランクフルトの鎌田=セビリア(共同)

欧州リーグで優勝し喜ぶ長谷部(後列右から5人目)と鎌田(前列右から3人目)らEフランクフルトイレブン=セビリア(共同)

 サッカーの欧州リーグは18日、スペインのセビリアで決勝が行われ、鎌田大地(元サガン鳥栖)と長谷部誠のアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)がレンジャーズ(スコットランド)を退けて優勝した。延長を終えて1―1で突入したPK戦を5―4で制した。後半に先制されながらも追い付き、PK戦は鎌田ら全員が成功した。 
 鎌田はフル出場し、長谷部は後半13分から出場した。日本選手の優勝は2002年にフェイエノールト(オランダ)で前身大会の欧州連盟(UEFA)カップを制した小野伸二以来。
 Eフランクフルトは1980年にUEFA杯を制覇して以来、42シーズンぶり2度目の栄冠。来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を得た。【セビリア(スペイン)共同】

ハイライト

死力尽くし「初めて報われた」

 死力を尽くしたアイントラハト・フランクフルトの歓喜の輪に、鎌田と長谷部も会心の笑顔で加わった。気温30度前後の暑さの夜、2人の日本代表経験者が貴重な働きで優勝に貢献。鎌田は「サッカー人生で初めて報われた瞬間だと思う」と感慨深げに語り、長谷部は「優勝に値するチームだった」と胸を張った。
 準決勝まで5点を挙げた鎌田は厳しいマークに苦しんだ。後半22分の絶好機はループシュートがクロスバーの上に外れ、両手で顔を覆った。それでもPK戦では志願して3人目で登場し「強い覚悟を持って蹴った」と力強く右隅に。意地を示し、拳を握った。
 長谷部は失点直後の後半13分に負傷した味方に代わり、3バックの中央に入った。急場を任された38歳のベテランは「長短のパスでアクセントを付けられればいいと思った」と的確な配球でチームに落ち着きを与えた。守備の1対1でも踏ん張った。ドイツの中堅クラブにとって、久しく遠ざかっていた欧州のタイトルだ。大歓声を浴びて目を潤ませた鎌田は「自分も歴史の一部になれてうれしい」。クラブ史に刻まれる栄光の道は、最高峰の欧州CLへとつながった。【セビリア(スペイン)共同】