【ワシントン共同】欧州や米国で今月、発疹などがみられるウイルス感染症「サル痘」の患者や疑い例が相次ぎ見つかっている。英国や米国の患者の大半は、散発的に発生してきたアフリカ西部や中部への渡航歴がなかった。欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、欧州で感染の連鎖とみられる事例の報告は初めて。