読み仮名の例

 戸籍の氏名の読み仮名に関する法制審議会部会の3案

 法制審議会(法相の諮問機関)の戸籍法部会は17日、戸籍の氏名に新たに付ける読み仮名に関する中間試案をまとめた。いわゆる「キラキラネーム」など漢字本来と異なる読み方をどこまで認めるかについて、三つの基準案を提示。5月下旬からパブリックコメント(意見公募)をし、その内容を踏まえてさらに議論する。法務省は、来年の通常国会に関係法令の改正案提出を目指す。

 出生届には「よみかた」の記入欄があるが、戸籍法には読み仮名に関する規定はなく、戸籍には記載していない。読み仮名を付けることになった背景は、デジタル化の進展だ。平仮名や片仮名の方が個人データを検索しやすく、行政の事務処理を効率化させるため昨年9月に法相が諮問。新生児や日本国籍を得る人らが初めて戸籍を取得する場合だけでなく、今の約1億2千万人の国民からも読み仮名を収集。どう集めるかも課題となっており、法制審部会で議論してきた。

 法務省によると、3案は、読み仮名が認められる範囲を(1)戸籍法に定めず、権利の乱用がなく公序良俗に反しないといった法の一般原則に基づき判断(2)音訓読みや慣用で読まれ、または字の意味と関連があるものを許容(3)(2)に加え、法務省令で定めたものを許容―とする。(2)が最も厳格という。

 法務省の担当者は、仮定の事例として「大空(すかい)」「光宙(ぴかちゅう)」は字の意味との関連があることなどから、認められるだろうとの見解を示している。一方「山田太郎」を字の意味と無関係の「てつわんあとむ」としたり、「高」と書いて逆の意味の「ひくし」と読ませたりする場合は、認められない可能性があるとした。

 表記は平仮名と片仮名の両案を提示した。

 国民には一定の期間内に自治体に読み仮名を申し出るよう求め、申し出なかった場合は自治体が職権で記載するとした。ただ、自治体関係者からは本人が申し出をしているか紙ベースで確認することが大切との意見もあり、膨大な事務作業への懸念が出ている。

 法務省の担当者は住民票取得やマイナンバー登録といった用件で自治体窓口に訪れた際に併せて登録してもらうこともあり得ると説明する。【共同】