バンド「ラーマアメーバ」のメンバー、右端が大島治彦さん(提供写真)

 唯一無二のグラムロックバンド「Rama Amoeba(ラーマ・アメーバ)が22日17時半から、佐賀市松原のライブハウスRAG.G(ラグジー)でライブを開く。佐賀市出身の大島治彦さんがドラムを務めるワールドワイドなバンドが、全国ツアーの一環で佐賀を訪れる。

 バンドは2008年、日本におけるグラムロックの継承者ともいわれるアキマツネオさんが国際的な活動を志して大島さんらと結成した。ロックバンド「T・レックス」の故マーク・ボランの命日にあたる9月16日に毎年開く追悼ライブ「グラムロック・イースター」は世界的に知られている。

 大島さんは14歳からドラムを始め、22歳で上京。泉谷しげるさんや頭脳警察のPANTAさんのバンド、清春さんや西城秀樹さんらのレコーディングやツアーにも参加した。12年から始めた弾き語りでも活躍している。

 チケットは3000円(当日500円増し)で、要1ドリンクオーダー。問い合わせはRAG.G、電話0952(26)2687。(花木芙美)