国際協力事業に取り組む認定NPO法人「地球市民の会」(佐賀市)は、ロシアによるウクライナ侵攻などで国際情勢が緊迫化する中、理念に掲げる「地球市民」としての活動の意義を考えるセミナーを21日、佐賀市の佐賀商工ビルで開く。午後3時からで、オンライン視聴も可能。参加者を募っている。

 国際協力NGOの一員としてアジア、アフリカなどで活動してきた開発・人道支援コンサルタントの井川定一さんが「今、問われるNGOとしての役割」と題して講演する。同会の小原嘉文会長らを交えた座談会では、世界の混乱期に地方のNGOは何をすべきかを考える。国軍によるクーデターが発生したミャンマーやウクライナへの同会の支援活動も紹介する。

 定期総会に合わせて開く。申し込みはウェブサイトの専用フォームから。オンライン視聴の希望者には参加URLを送る。問い合わせは同会、電話0952(24)3334。(江島貴之)

セミナーの詳細はこちら