岸田首相(中央)の面会し、提言書を提出した古川氏ら(右端)=首相官邸

 自民党の古川康衆院議員(比例九州、唐津市)が所属する原子力規制に関する特別委員会は16日、東京都内で岸田文雄首相と面会し、原子力の安全規制や防災に関する提言の中間報告書を提出した。規制の効率化などを求めている。

 提言は自民党政調と特別委員会の連名。古川氏は特別委の事務局次長を務めている。提言は10項目あり、原子力規制の効率化を求める項目では「『効率性』は安全と対立する概念ではない」とし、原子力規制委員会に対し、規制活動の効率性が重要であることを認識した上で活動するよう求めている。

 このほか、原子力分野の専門人材育成やサプライチェーン(供給網)維持・強化なども要請した。

 官邸で首相と面会した古川氏によると、古川氏が「再生可能エネルギーも原子力も最大限使わなければ電力需給の問題は解決しない」と訴えると、岸田首相は「安全確保を譲ることはない」とした上で「安価、安定の電力供給は国家としての務めと考えている」などと応じたという。(山口貴由)