地域活性化に関する連携協定を結んだ吉村隆社長(左)と松尾佳昭有田町長=東京都のポニーキャニオン

松浦鉄道の広報担当と有田町観光大使の鉄道むすめ「西浦ありさ」=1月29日、有田町の有田駅

 有田町とポニーキャニオン(本社・東京都)は13日、地域活性化に関する包括連携協定を結んだ。同社がエンターテインメント分野で培ったコンテンツ制作や情報発信のノウハウを、町の特産品や観光のPR、移住者の呼び込みなどに生かしていく。

 同社は近年、地域活性化事業に力を入れ、各地の自治体と組んで地域の魅力の発掘や発信をしている。有田町とは2016年度に佐賀県が企画したアニメ制作で、21年度には松浦鉄道をPRするキャラクター「西浦ありさ」の町観光大使就任で連携し、今回の協定を機に首都圏からの情報発信に力を入れていくという。

 同社で松尾佳昭町長と協定書を交わした吉村隆社長は「有田町の多彩な地域資源に可能性を感じており、町の発展の一助になりたい」と抱負を語った。(青木宏文)