伊万里市の市民大清掃期間に合わせて活動する参加者

 伊万里市では環境美化を推進して住みやすい地域を維持するため、5月と11月に市民大清掃期間が設けられています。今年も5月1日から10日までが春の期間でした。8日は地域の公共施設の清掃日になっていて、市内各地で道路や水路など自治活動による清掃が行われました。

 山代町久原上揚地区では、日曜の早朝にもかかわらず数十人の住民が参加し、草払い機で道路周辺の雑草を刈り取り、自治公民館やごみ集積所などの周辺も掃除しました。コロナ禍で地域の行事が中止になる中、住民同士で作業してコミュニケーションを取ることもできました。

 普段何げなく利用している生活道路ですが、雑草が伸び放題だと見通しが悪くなり、車の通行に危険が伴う場合もあります。きれいになった後の道路は、見通しが良くなりました。

 (地域リポーター・中尾良樹=伊万里市山代町)