三養基郡みやき町の三養基高と同高PTAは14日、同校購買部職員が6年間にわたって売上金から約193万円を私的に流用していたと明らかにした。職員を3月末で解雇し、警察に被害届の相談をしている。

 同校によると、元職員は2013年度から勤務し、16年度から売上金の一部を入金せず、私的に流用。発覚を逃れるため虚偽の決算報告書を作成し、改ざんした通帳コピーを添付していた。昨年11月、最低賃金の見直しなどに伴って元職員に収支状況の資料提出を求めたところ、本人が告白して発覚した。「子どもの学費や生活費に充てた」と話したという。

 購買部はPTAが運営し担当者を雇用。パンや文房具などを販売し、学校はPTAから会計処理を委任されていた。学校側は「不正な払い出しを防ぐ体制は整えていたが、入金の確認はしておらず、監査でも通帳原本の確認をしていなかった」と説明した。3月末までに約52万円が返済され、来年4月末までに完済する契約を結んだ。

 本年度から購買部の営業を休止し、学校やPTAは14日、保護者に説明して謝罪した。久保山文典校長は「今後、運営体制を見直し、このような不祥事が再び起きないよう取り組んでいきたい」と話した。(井手一希)