鳥栖-神戸 前半14分、神戸に2点目を奪われ、集まって話し合うGK朴一圭(中央)ら鳥栖守備陣=神戸市のノエビアスタジアム神戸(撮影・米倉義房)

 前半の早い時間に2失点。後半にも2点を失い、流れを引き戻せないまま試合終了のホイッスルが響いた。今季最悪の4失点での敗戦に、川井健太監督は「何も言い分けできない。完敗」と認めるしかなかった。その上で「負けることはある。いい部分と悪い部分を分析して次に進みたい」と前を向いた。

 試合前、川井監督は「相手の良さを出させない試合に」とプランを描いていた。しかし、試合開始直後、あっさりシュートまで持ち込まれて先制を許すと、その後も失点を重ねた。MF福田晃斗は「結果も内容も難しい試合。いい入りができず、立て直すことができなかった」と悔しさをにじませた。

 チームが今季続けるボールを保持するスタイルは変わらなかったが、この日はパスの先に味方がいなかったり、相手にカットされるシーンが目立った。川井監督は「なかなか(選手の距離感が)フィットしなかった」と振り返る。MF小泉慶は「試合に出ている選手が臨機応変に相手の嫌なことをやることが必要」と課題を口にした。

 今後、ルヴァンカップや天皇杯を含め中2、3日で試合が続く。川井監督は「引きずらずにやるしかない。選手たちはもっとできる」と期待を寄せ、福田と小泉も「すぐに試合がくる。下を向いている暇はない。良い準備をしたい」と次戦を見据えた。(中村健人)