飲食店や雑貨店、農家などによる出店ブースが並ぶ「佐賀城 本丸che」=佐賀市城内の県立図書館南側のこころざしの森

飲食店や雑貨店、農家などによる出店ブースが並ぶ「佐賀城 本丸che」=佐賀市城内の県立図書館南側のこころざしの森

 県内のさまざまなエリアから飲食店や農家、雑貨店などが集まるマルシェ「佐賀城 本丸che」が14日、佐賀市城内の県立図書館南側のこころざしの森で始まった。芝生の広場に約40店舗が並び、家族連れでにぎわっている。15日まで。

 有志で作る実行委員会が昨秋から開き2回目。地域資源を生かし、掛け合わせることも狙いの一つで、佐賀大農学部や佐賀共栄銀行なども協力している。実行委員長の中野幸光さん(50)は「細く長く続け、地域の盛り上げに役立てれば」と話す。

 15日は午前10時から午後4時までで、キッズダンスチームの演技も予定している。(大橋諒)