ロシアの電力会社は13日、代金未払いを理由に隣国フィンランドへの電力供給を停止すると発表した。フィンランドは12日に米欧の軍事同盟、NATOへの加盟申請方針を発表しており、ロシアによる報復の可能性もある。

 ロシアの電力大手インターラオ傘下で北欧での電力販売を手がけるラオノルディックは「ロシアからの電力輸入を14日から止めざるを得ない」とする声明を出した。

 フィンランドの送電会社フィングリッドも「ロシアからの電力輸入がしばらく止まる」とした。フィンランドは電力消費量の10%をロシアからの輸入で賄っているが、国内の電力供給に問題はないという。(共同)