佐賀市諸富町の新北神社で23日、ご神体を新しい社殿へと移す遷座祭が行われた。遷座は約250年ぶり。雅楽の音色が鳴り響く中での厳かな神事に、氏子や集まった地元住民らも歴史の重みを感じながら見守った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加