サッカー・J1サガン鳥栖は10日、トップチームの選手2人が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。これを受け、11日に予定していた練習の一般向け見学を中止した。

 9日にJリーグによる抗原検査で選手1人の陽性を確認した。その後、チーム関係者約60人がPCR検査を受けたところ、さらに選手1人の陽性が確認された。(中村健人)