佐賀空港へのオスプレイ配備計画を巡り、佐賀市の秀島敏行市長は22日、佐賀県から公害防止協定に基づく事前協議の申し入れがあった場合、協定の当事者として、計画による影響調査を検討する必要があるとの考えを…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加