第70回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会第3日は2日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女の1次リーグ最終戦が行われ、女子Vリーグ1部の久光スプリングス(鳥栖市)は、同1部のPFUブルーキャッツ(石川県)に0―2で敗れた。久光は通算成績2勝1敗、1次リーグB組を2位で通過した。

 第1セットは序盤から両チームともに粘り強い守りが光った。久光は中盤以降に最大5点差をつけられ、終盤にアウトサイドヒッター(OH)今村優香やオポジット(OP)白澤明香里の得点で粘ったが及ばなかった。第2セットも相手に流れをつかまれ、中盤に白澤らの得点で一度は逆転したが、最後まで主導権をつかみきれなかった。

 第4日は3日、同会場で男女の準々決勝があり、久光は東レアローズ(滋賀県)と対戦する。(小部亮介)

 ▽1次リーグ
PFUブルーキャッツ 2 29―27 0 久光スプリングス
             25―21