<the SOL>

存在感抜群のスタイリッシュなキッチンカー。注文後は自家用車内で待つことができる

 

 吉野ヶ里町の長崎街道沿いに、ハンバーガーのキッチンカーが登場。4月28日から営業をスタートしました。元々は会社員だったという三好貴大さんが、「海外で食べたおいしいハンバーガーを佐賀の人たちにも食べてほしい」と一念発起、肉感あふれるアメリカンスタイルのハンバーガーを販売しています。

 食べ歩きが趣味、特に肉料理が好きだという三好さん。旅行先のハワイやグアムで食べたハンバーガーをイメージし、試行錯誤の上“自分が食べたいハンバーガー”を作りあげました。
 

「ダブルチーズバーガー」(1300円)。豪快につぶしてかぶりつくのが正しい食べ方。バーガーには+150円でポテトを付けることも可能

 

 特にこだわったのはアメリカ産牛肉で作るパティ(ハンバーグ)。アメリカ政府が定める牛肉のグレードにおいて、最高ランクに位置する“プライムビーフ”を使用しています。均一なミンチにはせず手切りし、細かく刻む部分とゴロリと大きめにカットした部分を混在させることで、肉肉しさを演出。まるでステーキを食べているかのような歯ごたえとうまみのあるパティに仕上げています。赤身と脂のバランスがよい肩ロースを使うので、食べ応えはありながらもしつこくありません。そんなパティに合わせるのは、「こなぎぱん」(神埼市)に特注した、国産小麦で作るバンズ。外側はサクッ、中はふんわり、軽い食感で挟んだ具材との一体感は抜群です。「パティもバンズも、“軽さ”がポイント。ボリューム感に対して、ペロリと食べられるはずです」と三好さん。


 

パティの焼ける香ばしいにおいが食欲をそそる
焼き上がったパティとバンズ、その他具材を鉄板の上で組み立てて完成!


 

 メニューはシンプルな「ハンバーガー」から、チェダーチーズをのせた「チーズバーガー」、甘辛ソースをたっぷり絡めた「テリヤキバーガー」、ベーコンをプラスした「ベーコンチーズバーガー」と好みに合わせて選べるラインアップ。パティを増やしたダブルやトリプル、各種トッピング、サイドメニューのポテト(4種)もあります。しばらくはフードメニューのみの販売。ゆくゆくはコーヒーなどドリンクメニューも仲間入りする予定です。
 

「チーズバーガー」(850円)。パティは1枚でも食べ応え十分
キッチンカー横にはイートインスペースもあるので、できたてをほおばるならこちらでどうぞ

 

 注文を受けてからパティやバンズを焼き、できたてを提供。混み合う時間帯には待ち時間が発生することも。InstagramのDMで予約も受け付けているので、すぐに受け取りたい場合は予約が確実です。細部までこだわり満載のハンバーガー、そのおいしさをぜひ体感してみてください。(岩永真理子)
 

店主の三好貴大さん。「他にはない、うちだけの味をぜひ食べてみてください」

※新型コロナウイルスの影響により、営業時間や休みが変更になる場合があります

DATA

the SOL(ザ ソル)

住/吉野ヶ里町吉田617
営/11:00-14:00(なくなり次第閉店)
休/土・日曜、祝日 ※不定のためSNSで確認を
IG/thesol.2022  

 

このエントリーをはてなブックマークに追加