※新型コロナウイルスの影響により、営業時間や休みが変更になる場合があります

安心・安全な素材にこだわった手作りパン

甘さ控えめのクリームがたっぷり入った「マリトッツォ」。手前から時計回りに「いちご」「ティラミス」(ともに400円)、「あんホイップ」(320円)、「チョコバナナ」(350円)

 嬉野町の雑貨店「Rainbows」内に3月、素材にこだわったパンを販売する「Smile Kitchen」のコーナーが新設されました。雑貨店経営とパン作りという二足のわらじを履くのは、同町在住の下田茜さん。もともとパン作りが趣味で、1年前からSmile Kitchenとして本格的にパンの販売をスタート。産直所「吉田まんぞく館」での不定期の委託販売を経て、より多くのパンがそろう常設の販売スペースを開設しました。

 看板メニューは、口どけの良いブリオッシュ生地で作るマリトッツォ。県産のいちごさんを使った「いちご」、マスカルポーネクリームと自家製のカフェインレスコーヒーゼリーを組み合わせた「ティラミス」など常時4種類ほどがそろいます。「いちご」は5月頃までの期間限定ですが、今後は赤肉メロンや栗を使った季節限定商品も登場予定。色鮮やかなフルーツが目を引くマリトッツォは、完売必至の人気メニューです。

 チーズ入りのちくわを一本使った「ちーちくパン」や、不動の人気を誇る定番の「メロンパン」など10種類ほどがそろうパンは、どれも小ぶりなサイズで価格も手ごろ。「安心・安全なパンを味わってほしい」という下田さんの思いから、北海道産の小麦や生クリーム、バター、白石産のタマネギを使うなど、素材にも妥協しません。店内に並ぶ手作りの雑貨に癒やされながら、お気に入りのパンを探してみませんか。(久保禎一)

 

パンはどれも小ぶりなサイズとリーズナブルな価格で、小腹がすいた時にもってこい。左から「ソーセージドッグ」「メロンパン」「ちーちくパン」(全て150円)

 

アメリカンカントリー雑貨を中心にそろえる「Rainbows」。地元のハンドメード作家の作品や子供服なども並ぶ
嬉野温泉街から少し離れた郊外に店を構える。白い外壁とパンの看板が目印

DATA

住/嬉野市嬉野町下野甲2655-3
営/11:00-16:00 ※営業は不定期なのでInstagramで確認を
P/あり
IG/zakkarainbows_smilekitchen

このエントリーをはてなブックマークに追加