独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が運営してきた西日本全域の雇用促進住宅が一括して民間に売却されることになり、新運営会社による空室への新規入居者募集が、佐賀県内の7物件でも始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加