■争点絞り込み、投票先検討 明治大学文学部の藤井剛特任教授が、主権者教育の公開授業を佐賀北高の2年1組(41人)で行った。テーマは10代にとって関心が高い「投票先をどう決めるか」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加