佐賀県鹿島市選挙管理委員会は20日、市長選・市議補選(24日投開票)の期日前投票で、市長選と市議補選の投票用紙を誤って逆に交付するミスがあったと発表した。最大で4人が無効票となる恐れがある。

 市選管によると、期日前投票所で20日午前8時半ごろ、投票用紙自動交付機に投票用紙をセットする際に、市長選と市議補選の用紙を逆にセットした。職員が誤りに気づいたが、既に4人が投票を済ませていたという。交付の誤りによる投票用紙の再交付はできない。

 選管は同日、投票した4人に説明と謝罪を行った。再発防止に向け、チェック体制を強化するとしている。