警察庁は23日、2015年3月に策定した南海トラフ巨大地震が発生した際の交通規制計画を見直し、31都府県の137路線を一般車両の通行が禁止される「緊急交通路」に指定すると発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加