JR九州の新しい観光列車「ふたつ星4047」のラウンジのイメージ((c) Don Design Associates)

 JR九州は6日、武雄温泉(武雄市)―長崎(長崎市)を走る新しい観光列車「ふたつ星4047」の内装イメージを公開した。1車両は共用のラウンジとし、ソファや窓側を向いたカウンター席を設置して沿線の景色を楽しめる。西九州新幹線の開業に合わせ、9月23日に運行を開始する。

 3両編成で定員は指定席86人の予定。2両目のラウンジは乗客が自由に利用できる。大きなカウンターテーブルのあるビュッフェでは、沿線のグルメやオリジナル商品を販売する。

 ふたつ星は土日祝日を中心に運行。有明海沿いの長崎線経由と、大村湾沿いの大村線経由の各ルートを1日1本走る。通常の乗車券と指定席特急券の料金で乗車できる。【共同】