武雄市内の保育所の園児らが腸管出血性大腸菌(O157)に集団感染していた問題で、佐賀県は19日、新たに別の保育所を含めて23人の感染が判明したと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加