未成年者に向けて喫煙防止を呼び掛けるキャンペーンが22日、佐賀市のJR佐賀駅であった。主催した県たばこ販売協同組合(吉武一郎支部長)の役員やJT職員など計12人が参加し、未成年者に喫煙防止を促した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加