佐賀県産タマネギに「べと病」の被害が広がっている問題で、対策を検討する緊急研修大会が19日、杵島郡白石町の福富ゆうあい館であった。県内の生産者やJA・自治体の職員ら約600人が参集。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加