明治安田生命保険佐賀支社の中田智章支社長

 地方創生に関する連携協定を佐賀銀行と締結した明治安田生命。佐賀支社の中田智章支社長(53)は、「県民のみなさんの健康増進と地元の元気のため、協力してさまざまな取り組みを展開していきたい」と意気込む。

 同社はサッカーJ1サガン鳥栖の選手を招いたウオーキングイベントや支社でヨガ教室を開くなど、楽しみながら健康への関心を深めてもらっている。地域では道の駅で農産物販売を社員が手伝ったり、公民館で健康や相続の講座を開いてきた。佐賀銀行とは健康セミナーなどを共催し、マルシェを手伝って出品者の販路拡大も支援する計画だ。

 契約後も長く信頼される会社であるため、お世話になる地元の活性化に社を挙げて注力する。新年度はその取り組みを強化し、200人いる職員の増員も目指す。県内自治体と連携協定も結んでおり、「メリットを地元のみなさんが感じることができ、『地に足をつけて頑張ってくれているよね』と言われる活動をしたい」と語る。(北島郁男)