ゲームセットまで、明るく気持ちを切らさない「有工」らしさは健在だった。バッテリーを中心とした守備から試合を組み立て、東京都王者・国学院久我山にリードされながらも食らいついた。梅崎信司監督は「うちらしい粘りのある試合をしてくれた」と選手をねぎらった。