佐賀市の世界文化遺産「三重津海軍所跡」のガイダンス施設の整備に向け、規模や展示場所などの方針を計画する委員会が26日、発足した。「見えない史跡」の魅力を伝えるガイダンス施設のあり方を論議した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加