鳥栖市の松尾幸子さん(72)がエッセーコンテスト「第7回言の葉大賞」で入賞した。銀行でのやり取りから、日常の小さな幸せが人生のよりどころになるという気付きをつづっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加