まひ性貝毒が検出されていた名護屋浦(唐津市鎮西町)の養殖マガキについて、佐賀県は24日、国の規制値以下の毒量となったため、関係漁協の採取、出荷の自主規制が解除されたと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加