ラムサール条約湿地に登録されている肥前鹿島干潟の魅力などを伝える干潟案内人の養成講座が24日、鹿島市民会館で開講した。15人が受講し、年10回以上の座学や野外研修で知識を養っていく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加