トヨタ紡織九州-トヨタ車体 後半、紡織のCB松井将(右から3人目)が果敢に攻め込むも、相手守備に阻まれる=愛知県の東海市民体育館

 第46回日本ハンドボールリーグ第24週第1日は2日、愛知県の東海市民体育館であり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は4位のトヨタ車体(愛知県)との最終戦に15―30で大敗した。通算成績は11勝1分け8敗(勝ち点23)。昨季から一つ順位を上げて5位で全日程を終了した。

 トヨタ紡織九州は序盤から無得点が続き、相手に7点差をつけられた。前半19分、RB津山弘也の速攻から4連続得点を奪い、流れに乗ろうとしたが、相手の2分間退場も生かせなかった。

 7―14で迎えた後半は、速攻やノーマークシュートで好機を得るも、相手GKにことごとく阻まれた。再び無得点の時間が訪れ、後半21分にCB松井将が悪い流れを断ち切るも、点差を縮められなかった。

 日本ハンドボールリーグは第25週の13日でレギュラーシーズンを終了する。ジークスター東京などによるプレーオフは18~20日、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われる。