佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画を巡り、九州防衛局の川嶋貴樹局長は27日、駐屯地造成予定の33ヘクタールに隣接する用地について、地権者の意向に応じて取得を検討する考えを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加