佐賀県唐津市教育委員会は27日、市内の小中学校4校で給食パンに混入していた異物は、パンを供給した幸地製パン(小城市)の製造機械の内側が剥離したものとみられると発表した。分析した成分が、ほぼ一致した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加