佐賀県が生んだ近代日本を代表する書家中林梧竹と副島蒼海(種臣)を顕彰し、若手書家の育成を図る第25回佐賀県書道展(佐賀新聞社主催)の一般公募作品の受け付けが25日、佐賀市天神の佐賀新聞社で始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加