■県内に22社、下請けは保護 欠陥エアバッグのリコール問題でタカタ九州(多久市)が民事再生法適用を申請した26日、佐賀県内の関係者は雇用や取引が当面守られることに安堵(あんど)の表情を浮かべた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加