鹿島市のプラスチック・ビニール類回収袋のイメージ(提供資料)

 鹿島市は4月1日から、家庭から出る「プラスチックごみ」の分別収集を開始する。これまで可燃ごみとして収集してきたが、「プラスチック・ビニール類」の区分で回収し、再資源化に取り組む。地球温暖化対策の推進を目的に4月に施行される新法「プラスチック資源循環促進法」に合わせて実施する。

 市では2000年から、食品トレーなどの容器包装プラスチック類を分別収集してきた。4月以降はスプーンやケース類、おもちゃ、ハンガー、バケツなど全てのプラスチック製品が分別の対象になる。回収した「プラごみ」は、燃料油にして活用する事業を展開するリサイクル業者に持ち込む予定。

 海洋汚染の一因と指摘される「プラごみ」の問題を受け、新法はプラスチック製品を一括回収することを市町村の努力義務としている。有明海などの環境保全に力を入れている鹿島市は、積極的に取り組む姿勢を示し、焼却ごみの量で年間約5トンの削減を目指す。

 市環境下水道課の担当者は「世界的な気候変動に対応して今からできることに取り組み、脱炭素社会に向けて二酸化炭素を減らしていければ」と話す。(中島幸毅)