ハウスミカンの生産面積と生産量で日本一のJAからつで、本年度産の出荷が26日、唐津市浜玉町の選果場で始まった。天候に恵まれ、出荷量は前年並みの4500トン、販売高36億円を見込んでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加