嬉野市で生産される「うれしの茶」で、伝統製法の釜炒(い)り茶の生産量が伸びている。高品質で希少性が高く、独特の味わいが人気を集めており、2016年度は前年度比20・0%増の約31トン。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加