「事件のことが佐賀新聞で実名報道され、一定の社会的制裁を受けた…」 佐賀地裁で刑事事件の公判を傍聴していると、弁護側がこう主張することがある。新聞記者の仕事が被告の将来に影響を及ぼす可能性があることを自覚し、気が引き締まる瞬間でもある。 佐賀新聞の事件報道では、加害者は原則実名で掲載している。