日本学術会議の専門家委員会は26日、遺伝子を自由に改変できる「ゲノム編集」の技術を人の精子や卵子、受精卵に使う生殖医療について「行うべき状況にはない」とする提言をまとめることで一致した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加