厚生労働省が28日発表した3月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から0・02ポイント上昇し、1・45倍だった。バブル経済末期の1990年11月以来、26年4カ月ぶりの高い水準となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加